結婚相談所

パートナーエージェントのコネクトシップが有能すぎる!料金・評判は?

パートナーエージェントのコネクトシップって何?

パートナーエージェントにはコネクトシップというシステムがあります。

コネクトシップとは、他の結婚相談所の会員も紹介してもらえるシステムのことをいいます。

コネクトシップを利用すれば、出会える人数が何倍もに膨れ上がるんですよ!

 

この記事では・・・

  • コネクトシップの料金
  • コネクトシップの使い方
  • コネクトシップのメリット

このような内容について、解説します。

 

パートナーエージェントのコネクトシップが気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

[st_af id="1512"]

 

パートナーエージェントのコネクトシップの利用料金は?

 

パートナーエージェントではコネクトシップの利用がオプション扱いとなります。

利用するには、別料金が発生してしまうのです。

といっても、それほど高くはありません。

  • 自分のプロフィールを掲載する:無料
  • 気になる相手に申し込みをする:1回2000円

コネクトシップを利用するにはまず、コネクトシップに自分のプロフィールを掲載しなければいけません。

「他の結婚相談所の人から検索されてもいいよ!」という人は、自分のプロフィールを掲載します。

そのプロフィール掲載料金は無料です。

お金がいるのは、申し込みをする時

プロフィールで、気になる相手を見つけたら「この人とお見合いしたい!」ってなりますよね。

お見合いしたいってなったら、お見合いの申し込み料が2000円かかります。

 

通常コネクトシップの利用は、コンシェルジュからの紹介の補助的な感じで使います。

コンシェルジュから紹介された人と、月に2回お見合いするとして、コネクトシップのお見合いも併せてしようと思うと、せいぜいあと1人か2人ですよね。

月に4回もお見合いって結構ハードスケジュール。

それを考えると、コネクトシップの利用は月に多くて1~2回。

追加料金の1回2000円はそれほど高くは感じないでしょう。

気に入った人を見つけた時だけ申し込めばいいんですから、2000円なんて安いものですよ!

どんどん使って出会いを見つけたもん勝ちです。

 

パートナーエージェントのコネクトシップは自分で相手を検索できる

パートナーエージェントでは、基本的にコンシェルジュから紹介された人とお見合いすることになります。

コンシェルジュがあなたの希望やあなたとの相性を考慮して、あなたにピッタリの人を見つけてきてくれます。

ところが、紹介された人だけでは満足いかない!という場合も少なからず出てくるでしょう。

そんな時にコネクトシップの出番です。

コネクトシップなら、自分でお相手を検索できます

「この人とお見合いしたい!」という相手を見つけた時だけ追加料金を払えばいいのですから、使わない手はないですよね。

コネクトシップを使えば・・・

  • コンシェルジュからの紹介
  • 自分で検索

この両方のシステムをおいしいとこどりできちゃいます。

単純に、出会いの数も倍以上に膨れ上がります。

パートナーエージェントに入会するならコネクトシップを使わない手はありませんね。

 

データマッチングの結婚相談所の方がいいんじゃないの?

コネクトシップの説明を受けると湧いてくるのがこの疑問。

「だったら、最初からデータマッチング型の結婚相談所の方がいいんじゃないの?」

こんなふうに思ってしまいませんか?

確かに、自分で検索してどんどん申し込めるデータマッチング型の結婚相談所なら、いちいち1回2000円とかかかりません。

当たって砕けろの精神で、どんどん積極的に婚活できる若い人はデータマッチング型の結婚相談所の方が向いているかもしれませんね。

 

ところが、最終的な成婚率を見てみると、圧倒的にパートナーエージェントのような仲人型の結婚相談所の方が高くなるのです。

何故かというと、自分で検索して申し込みするデータマッチング型では、意外とうまくマッチングできないから。

年齢の高い人ほど、このデメリットを被ります

まず、検索の時点ではじかれてしまうんですよね。

 

そういうわけで、仲人型結婚相談所とデータマッチング型の結婚相談所、どちらのメリットも受けられるパートナーエージェントのコネクトシップはぜひ利用したいシステムといえるでしょう。

 

[st_af id="1512"]

 

コネクトシップで出会い倍増

パートナーエージェント会員数

パートナーエージェントのコネクトシップを利用すれば、単純に出会える人数がめちゃめちゃ増えます。

パートナーエージェントの純会員数が11508名(2019年1月現在)であるのに対して、コネクトシップの会員数は約55000名です。

単純計算、5倍に膨れ上がります。

紹介可能な会員数で見てみても、24439名と2倍以上。

 

こう比べてみると、もはやコネクトシップを使わない理由が見当たりません。

オーネットなどと比べると、会員数が少ないように思えるパートナーエージェントですが、コネクトシップを利用すれば会員数のデメリットはなくなりますね。

 

パートナーエージェントのコネクトシップの加盟店

現在パートナーエージェントのコネクトシップに加盟している結婚相談所は以下の通りです。

  • マリックス
  • ゼクシィ縁結びエージェント
  • パートナーエージェント
  • エン婚活エージェント
  • NOZZE
  • 官公庁マリッジ
  • KISSコンマリアージュ
  • 日本仲人連盟
  • 日本結婚相談協会
  • 全国仲人連合会

2019年1月現在、コネクトシップに加入している結婚相談所は上記に記載した通りです。

これだけたくさんの結婚相談所の会員と出会えるコネクトシップってすごいですよね。

日本最大級の会員ネットワークなんですよ。

 

パートナーエージェントのコネクトシップまとめ

[st_af id="2550"]

[st_af id="1512"]

 

パートナーエージェントのコネクトシップは、パートナーエージェント以外の結婚相談所の会員とも出会えるシステムです。

コネクトシップの会員数は約55000人。

これだけたくさんの会員と相互ネットワークでつながることができるのです。

パートナーエージェントでは、コネクトシップでのお見合い申し込みに1回2000円かかりますが、それでも使う価値は十分あり!

コンシェルジュからの紹介と、コネクトシップでの検索を合わせて使えば、婚活の満足度アップ間違いなしです。

 

コネクトシップのおかげで仲人型結婚相談所とマッチング型結婚相談所、2つのいいとこどりが出来ちゃうシステムはうれしい限りですね。

 

成婚率No.1のパートナーエージェントが気になる方には無料相談がおすすめです。

婚活のノウハウを知り尽くした婚活のプロによる無料相談はかなり有益ですよ!

 

[st_af id="1512"]

参考記事
【パートナーエージェントの口コミ・評判まとめ】結婚できないか検証!

続きを見る

-結婚相談所
-

Copyright© 婚活あねご , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.